スキルチェックで分かること

求人情報サイトを見ていると、派遣の募集が多くなっているように思います。
最近では求人サイトも職種ごとにありますので、希望の職種で仕事を探すのが便利になってきました。
プログラマの経験があり、派遣での仕事を探したい人は、このような求人サイトを利用すると良いのではないでしょうか。

求人サイトの便利なところは、たくさんある情報の中から自分の希望にあった情報を絞り込めるところだと思います。
勤務地や勤務時間、また勤務日数、そして給料関係など気になることが最初に分かるのはとても便利です。

派遣の場合は、この便利なことをコーディネーターが行ってくれます。
また交渉が必要な場合も、間にたって進めてくれますのでストレスが少ないと思います。
派遣で働くには、まず派遣会社に登録をします。
この登録の時に、多くの派遣会社ではスキルチェックをします。
プログラマとしての技術的なことだけでなく、一般常識などもチェックします。
これは派遣先で迷惑をかけることがないように、という配慮だと思いますが登録者にとっても便利なものです。

自分のスキルや一般常識がどの程度のものなのか、といったことを客観的に知ることが出来るからです。
社会に出て働いていると、なかなかこのような機会がありません。
知っているようで知らない自分、出来るつもりで出来ない自分といった、知りたくないことを知ることになるかもしれませんが、この客観的に見ることで更にスキルアップ出来ると思います。

派遣会社によっては、勉強する機会を用意してくれているところもありますので、積極的に参加すると良いのではないでしょうか。
インターネットを使ってのスキルアップのための勉強や、セミナーなどを行っているところもありますので、派遣登録するときにはこのような情報もチェックしておきましょう。

エンジニアに限らず、働きかたには企業に属するサラリーマンという雇用形態と派遣、フリーランスなどさまざまです。
その働きかたがどれであれ、大切なことはその職種で活躍するためにどう学び活用していくかということです。
もうひとつ将来像をしっかりイメージの中に抱いておくことも大切です。

私の場合は、入門講座のように全体像が見える情報サイトを参考にしてきましたよ。例えばこちらのようなものです。
ベテランSEが教える「システムエンジニアになるには」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です