スキル以外に必要なこと

派遣会社から紹介されて、実際に派遣先の企業で仕事をする時に注意すべき点がいくつかあります。
派遣先の企業は、プロが仕事に来てくれると認識しています。
プログラマなどは技術力も求めるレベルにあると思っています。
他の職業も含めて、企業が直接雇用するアルバイトよりも、派遣の方が時給が高いのには、このような期待が込められているのだという理由があります。

ですから、派遣先で思うような成果を上げることが出来なかった場合は、人員の交代を求められることもあります。
この交代は本人にとっても派遣会社にとってもデメリットになります。
本人は収入を失い、派遣会社は会社の信用を失うからです。

実は派遣されるプログラマに求められるのは、技術力だけではありません。
社会人として必要最低限の一般常識や、他の人たちとのコミュニケーション能力も求められています。

技術的なことは企業が求めるレベルであれば、何か問題にされることはありません。
ですがコミュニケーションがとれる、とれないといった不満は社員の中から生まれてくるので、その声が大きくなると企業としても無視することが出来なくなります。
また技術的に問題がなくても、勝手な判断で上司の指示に従わないといったことも問題になってしまいます。

ここで注意すべき点は、派遣だからといって甘えないことです。
派遣の方が実はシビアな状況であるということを知っておくことです。
そして派遣会社に登録したときのスキルチェックで、一般常識についても自分の結果を知らされているので、自分に不足しているところを補えるように努力しておくことが大切です。
またスキルについても現状に満足することなく、常にレベルを上げるような努力をすることも大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です