職場環境によって条件は変わる

SEの仕事は大変ですが、その分やりがいが感じられる職業でもあります。
十分なスキルとキャリアがあれば、働き方も選択することが出来ます。
もちろん、働く企業や職場環境によってその条件はかなり違ってきます。
実際にSEとして働いている人でも、その感想は大きく分かれます。

仕事に忙殺されてプライベートの時間がなく、毎日残業ばかりで自宅には着替えに帰るだけで、体調不良を起こしている人がいる一方で、残業はほとんどなく、家事や育児もしながらSEとして働いている女性もいました。

同じSEの仕事でありながら、この職場環境の違いはなんなのでしょうか。
企業の方針であったり、考え方が職場の環境に大きく影響をすることは考えられます。
そして企業が職場環境を変える気があれば、もっと働きやすい環境にすることも可能ではないのか、ということです。

人手が少ない企業や職場では、個人個人の負担が大きくなってしまうのは仕方のないことかもしれません。
仕事の分担がきちんとされるためには、それなりの人数やまたそれぞれの技術力が高くないと難しいかもしれません。

従業員数が多い企業、比較的規模の大きな企業の場合、働いている人も多いので急な体調不良や予定の変更があっても、代わりの人材に困ることが少ないのも職場環境に影響を与えているのではないかと思います。
規模の大きな企業だと、このように人材が豊富なことも多いようですが、一概には言えません。

ただ大きな都市、東京や大阪、名古屋といったところでは、このような職場環境の良い職場も多いようです。
交通の便の良いところや、従業員数などを参考にすると見つけやすいようです。
求人サイトなどを利用するときは、このようなポイントも考えて探すと良いかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です